忍者ブログ
Wizardryライクなフリーゲーム「無限の迷宮」探索日記…   
09≪ 2017.10|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
wizardry
Dungeon RPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、ビーストオーブの八階においてはがむしゃらに竜を殺しても、ブラックタワーへの道は開かない。
ゲーム中、特になんのヒントもないので攻略ページ読まなかったら一生わからなかったとおもう。
とはいえ攻略ページにも具体的な手順が出ているわけではない、そういうわけで拙者がプレイ中に使った資料をすこし載せておく。
薄味ではあるが、ネタバレである。自力解決にこだわる人はみないように。

1,八匹の龍。
八階には全部で八匹の龍が待ち構えている。
これらの龍を「ある順番に殺す」ことが先へと進む鍵となる。
そういうわけでまずは各龍への道順である。
http://www.sukisukisoft.com/pc/beastorb/battack7.html
のmap08という画像ファイルをDLする。
以下に貼る画像(map08-)もDLする。

map08-.gif
お手持ちの画像編集ソフトを立ち上げる。
フォトショとか複数枚の透明レイヤー機能のあるものならなんでもいいとおもう。
gifが読み込めないなら適当にファイル変換してほしい。
map08-ファイルを上のレイヤにして重ねる。
map08-ファイルの白い部分を範囲選択で一括削除、もしくは消しゴムや透明化などの機能をつかって要は白塗りの部分を消せればなんでも。
あとは一枚に合成すれば…

これで各龍へ挑むための道順はわかったと思う。

2,順番について
すきすきさふとの「第8回:大迷宮 地下8階(下)」
http://www.sukisukisoft.com/pc/beastorb/battack8.html
を読めばいい。
が、これでは身も蓋も無いな。
さらなるヒントとしては「常に対称のドアを開けろ」ということ
つまり最初が青龍なら、次は青の対称、つまり赤龍に挑むというわけだ。
全ての組み合わせを試さなくても数回の試行でおおむね理解できるはずだ。

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お久しぶりです
自分はPCが壊れてしまって、あれから全然進んでません・・・
・・・ってゲームでPC壊すなよ俺・・・
とにかく、獣珠ゲットおめでとうございます。
・・・8竜はブラックオニキスのカラー迷路と同じ順番ですね。
それなら真竜が黒だとは思いましたが・・・
茶川
2008/01/18(Fri)21:35:40 EDIT
Re:お久しぶりです
>獣珠ゲットおめでとうございます
ありがとうございます
>自分はPCが壊れてしまって、あれから全然進んでません・・・
それは大変でしたね。
人によっては自作で浮かせることが出来るといっても高いものですからねー
痛いですよね
>・・・ってゲームでPC壊すなよ俺・・・
実は私も過去に経験が。。。
あと、BO終了後、Aキー(Boでのオールアタックですね)の反応が鈍くなりました。
私も茶川さんと近似のようです。
【2008/01/20 14:18】
ブログ内検索
最新コメント
[12/29 MAHAMANMIRACLE]
[12/11 某犬犬]
[12/05 某犬犬]
[12/02 某犬犬]
[11/26 某犬犬]
[11/12 某犬犬]
[11/12 某犬犬]
[11/11 某犬犬]
[10/27 某犬犬]
[10/14  ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja (nnn)
自己紹介:
dungeon of infinity 無限の迷宮探索記録を中心にフリーのwizライクゲームなどをプレイしたり3DRPGCSのシナリオ造ったり…

注意:
基本的にネタバレ気にせず書いています。
まっさらな状態でプレイしたい場合は注意が必要です。

またネタバレでありながら、そのときそのときの私の主観で書かれている為、情報の正確さはゼロです。そのあたりご了承願います。
情報の間違いが判明しても特に修正もしません。
先週はこの道を右が正解と書いておきながら、来週は左が正解の道だとしれっと書いていることでしょう。
バーコード
アクセス解析
実験場
フィードメーター - 無限 

   





メールフォーム
Copyright © 無限。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]