忍者ブログ
Wizardryライクなフリーゲーム「無限の迷宮」探索日記…   
06≪ 2017.07|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
wizardry
Dungeon RPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このゲームでは戦闘時に遠距離中距離近距離を選択するダイアログが出る
しかし、選択後、さらに戦う(近距離攻撃)、投げる(射撃全般の意味)、盗む、追うなどの選択が出る
遠距離選んでる人がそのあと戦うを選ぶ状況は...うーむ??多分無いと思う。入力ミスを誘うトラップだろうか。
実際拙者はいつも流れで遠距離>戦うを選び、あわててやり直しを繰り返している。
ちなみに遠距離>戦うを選択し実行した場合、拙者の環境では該当キャラは行動を何もしない。立っているだけである。
直接、戦う、投げる、盗む、追うを選べるようにしても問題ないように感じるが、
このシステム、まだ拙者の知らない何か他の使い道があるのだろうか?

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Re:立ってるだけにも意味あり
>それはつまり遠距離>近接戦闘を選んだ場合、敵のほうから接敵した場合はちゃんと殴ってくれるわけですね。

そうです。殴らない場合は別の敵をマークしています。

>モンスターの種別次第では積極的に追いかけてきたり襲ってくる等するのでしょうか?

そうです。地下数階ではフラフラしてるだけですが、ほとんどの敵は PT を見つけしだい真っ直ぐ襲って来ます。
某犬犬 URL
2007/01/29(Mon)18:45:28 EDIT
立ってるだけにも意味あり
まず中距離の間合は、前衛の防衛網を突破した敵に対する二次防衛網の意味があります。
他にも、戦闘開始直後に前衛が敵に近づくまでに遠隔武器を使いすぎないための時間稼ぎの意味もあります。

遠隔攻撃の場合、上述の時は中距離で、すぐに攻撃したい時は遠距離でというぐあいに使いわけられます。

遠距離で戦うを指定する状況としては、通路や部屋の入口で戦う場合、前衛に近距離を指定すると敵の方へ勝手に移動してしまい後衛の守りが手薄になってしまいます。
通路では前衛はその場で立ち止まって、敵が近づいて来るのを待って攻撃する方が安全です。
他にも、ペットに攻撃をさせるかさせないかを指示するのにも使います。
どういう事かと言うと、ペットの飼主が戦うを選ぶとペットも戦って、戦わなければペットも戦わないので、後衛を飼主にすればペットの行動をコントロールできるわけです。
前衛を飼主にした場合、攻撃してほしくない状況でも問答無用でペットが戦闘に参加してしまいます。

ゲームを進めて場数をふんで行けば色々解って来ると思います。

以上の様に行動と間合を状況に応じて組み合わせるのが L&L の戦闘システムの基本なのです。
某犬犬 URL
2007/01/29(Mon)11:39:47 EDIT
Re:立ってるだけにも意味あり
それはつまり遠距離>近接戦闘を選んだ場合、敵のほうから接敵した場合はちゃんと殴ってくれるわけですね。

敵のAIについて少し補則で伺いたいのですが今のところ敵のほうから近づいてくる様子を観察できたことが無いようにおもいます。
こちらから接敵しない限り、おそってきません。
これは蝙蝠や蛇といった「動物さん」だからで、モンスターの種別次第では積極的に追いかけてきたり襲ってくる等するのでしょうか?
【2007/01/29 18:05】
この記事へのトラックバック
TRACKBACK URL :
ブログ内検索
最新コメント
[12/29 MAHAMANMIRACLE]
[12/11 某犬犬]
[12/05 某犬犬]
[12/02 某犬犬]
[11/26 某犬犬]
[11/12 某犬犬]
[11/12 某犬犬]
[11/11 某犬犬]
[10/27 某犬犬]
[10/14  ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja (nnn)
自己紹介:
dungeon of infinity 無限の迷宮探索記録を中心にフリーのwizライクゲームなどをプレイしたり3DRPGCSのシナリオ造ったり…

注意:
基本的にネタバレ気にせず書いています。
まっさらな状態でプレイしたい場合は注意が必要です。

またネタバレでありながら、そのときそのときの私の主観で書かれている為、情報の正確さはゼロです。そのあたりご了承願います。
情報の間違いが判明しても特に修正もしません。
先週はこの道を右が正解と書いておきながら、来週は左が正解の道だとしれっと書いていることでしょう。
バーコード
アクセス解析
実験場
フィードメーター - 無限 

   





メールフォーム
Copyright © 無限。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]