忍者ブログ
Wizardryライクなフリーゲーム「無限の迷宮」探索日記…   
06≪ 2017.07|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
wizardry
Dungeon RPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

各地で盛り上がってますね。エクストリーム聖火。

さてX operations。
00000.png
snow baseという三番目のミッション。

00002.png
最初入り口正面の一人と、外壁のうえを巡回している見張り二人、それと入ってすぐ正面の建物の屋上にいる敵と建物の間の道を行ったりきたりしてる敵の歩哨を狙撃。

00004.png
ライフルを捨てて、建物外周を巡回する歩哨二人に見つからないように基地に潜入。

00006.png
00008.png
歩哨はぐるぐる回っているだけなので建物入り口で待ち伏せ。
ちなみに武器は奥の部屋に落ちてた。

00009.png
階段を上ったとこにある二階の部屋に一人隠れている。
この建物の屋上に一人立ってるがそれは最初の狙撃でやっつけてある。

00010.png
ここで待ち伏せ。
一人か二人ここで倒せる。

00011.png
最後の一人。
この裏手の歩哨が拙者苦手です。

00012.png
痛っ!
いいように撃たれまくって逃げ出す。怖い~。

00013.png
結局定期巡回で階段おりてくるまで待って待ち伏せでやっつける。

00014.png
このゲームの敵は、視界に敵がいなくなるとすぐに通常の待機状態に戻ってしまう。
さっきまで激しい銃撃戦をした敵がすぐ近くの遮蔽物の陰に隠れていても数秒間もすればけろっとわすれてしまう。
寄せ手とすれば好都合だが…
逆に自分が有利に戦える場所へ誘導するとかいうことも基本的には無理だ。
敵のAiは「あの陰に敵がいるはずだから追いかけよう」という考え方はしない。
数秒間こっちに射撃をしたら、あとは何事もなかったかのようにぽけーとする。

だからたまに自分が隠れているところがちょうど敵の巡回ポイントになってたりすると
「追いかけてくるはずが無い」と思ってるところへ鉢合わせとかそういうミスをしてしまったりとか。

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TRACKBACK URL :
ブログ内検索
最新コメント
[12/29 MAHAMANMIRACLE]
[12/11 某犬犬]
[12/05 某犬犬]
[12/02 某犬犬]
[11/26 某犬犬]
[11/12 某犬犬]
[11/12 某犬犬]
[11/11 某犬犬]
[10/27 某犬犬]
[10/14  ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja (nnn)
自己紹介:
dungeon of infinity 無限の迷宮探索記録を中心にフリーのwizライクゲームなどをプレイしたり3DRPGCSのシナリオ造ったり…

注意:
基本的にネタバレ気にせず書いています。
まっさらな状態でプレイしたい場合は注意が必要です。

またネタバレでありながら、そのときそのときの私の主観で書かれている為、情報の正確さはゼロです。そのあたりご了承願います。
情報の間違いが判明しても特に修正もしません。
先週はこの道を右が正解と書いておきながら、来週は左が正解の道だとしれっと書いていることでしょう。
バーコード
アクセス解析
実験場
フィードメーター - 無限 

   





メールフォーム
Copyright © 無限。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]