忍者ブログ
Wizardryライクなフリーゲーム「無限の迷宮」探索日記…   
06≪ 2017.07|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
wizardry
Dungeon RPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


あくまで個人的な意見だが、後方に振り向くと(方向転換してしまうと)なんだかとても迷いやすくなる。
慎重に進んでいるときはいいのだが、この手のウィズライクをするときというのは往々にして半分寝てるようなぼけーっとした迷宮ライフになる。そんなとき指が滑ってうっかり↓キー押してしまうと急にどっち向いてたかわからなくなったりするのだ。
左右90度のときは自分の方向感覚がついていけるのだが180度変わられてしまうとちょっとわからなくなってしまう。
そんなわけで拙者にとっては↓キー押しは「後方に振り向く」ではなく「後退」であってほしい。

前置きが長くなったが、そういうわけで下押しすると後退するようにコモンを書き変えてみた。
ひとつ前の記事で移動についての疑問を書いたが、どうやらこのコモンでの移動はすべてテレポという認識は正しかったようだ。
移動に関する基本的な流れはコモンセルフ30にキー押し状態。
コモンセルフ20がキャラの方向、21、22がキャラのXY座標となっていた。
これで移動を伴わない方向が入力された場合は単に方向を変えるだけで終了し、移動を伴う(改造前では前進するという行為)場合はまずキャラの位置座標に方向から割り出して進行方向側の座標に±1修正を掛けた値を出し、その値からこれから進む方向にあるイベントや壁の情報を拾ってきて進行を妨害するものがあれば移動は中止、何もなければさらにコモンセルフ21、22に±1修正(これで合計二マス分座標が変わる)してからテレポするということの繰り返しのようである。単に動作指定で方向固定して後退してしまった方が楽なのでは?とも思ったが、ここまで出来上がっているところから後退だけ動作指定にするのは後からいろいろ問題が出そうなので諦めてこのルールに適応するしかない。ところでコモンセルフ24は一体何なんだろう?その機能が全く読めない。まあ放置でいいか。

ADキーを使ったカニ歩きなども実装したいが、そうするとかなり長文になってしまうんだよなー。
めんどくさいのだ、いやーめんどくさい。
おい拙者、そんなことでマウス移動まで移植するという野望はどうするのだ?

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TRACKBACK URL :
ブログ内検索
最新コメント
[12/29 MAHAMANMIRACLE]
[12/11 某犬犬]
[12/05 某犬犬]
[12/02 某犬犬]
[11/26 某犬犬]
[11/12 某犬犬]
[11/12 某犬犬]
[11/11 某犬犬]
[10/27 某犬犬]
[10/14  ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja (nnn)
自己紹介:
dungeon of infinity 無限の迷宮探索記録を中心にフリーのwizライクゲームなどをプレイしたり3DRPGCSのシナリオ造ったり…

注意:
基本的にネタバレ気にせず書いています。
まっさらな状態でプレイしたい場合は注意が必要です。

またネタバレでありながら、そのときそのときの私の主観で書かれている為、情報の正確さはゼロです。そのあたりご了承願います。
情報の間違いが判明しても特に修正もしません。
先週はこの道を右が正解と書いておきながら、来週は左が正解の道だとしれっと書いていることでしょう。
バーコード
アクセス解析
実験場
フィードメーター - 無限 

   





メールフォーム
Copyright © 無限。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]